スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋山登場 #九一家

お久しぶりです。
最近大学関連ので忙しくてなかなかこちらに手をつけれてませんでした。
カテゴリ通り、
今回はそうです!!!
久々の九一家ですww

連載のほうと僕のツイッターと、犬良氏の夕暮れナンセンスネクサスのPR文まとめをみていてもらえたらですけど、とてもそちらではイキイキしていました。

はい、雑談はここまでにしておいて・・・

本編に、ちょっと入っていきましょうかね!!




 
140話・141話にて、生物学者である小五郎の悪友<秋山>が銃殺にて生存世界から強制退場。
遺体は・・・崖から落とされ野犬のエサに。
そして、魂は・・・・・・
秋山の生涯は小五郎の手によって幕を閉じた。
だが、魂は生きている。その魂の終着点は・・・

目を開けたときにまずピントをあわせる。
合わせた先には死んだ魚のような目の白髪いや、銀色も混じったような髪の色の男性。年齢は小五郎と近しいくらいだろうか。顔を見ればみるほど自分を殺した黒髪メガネの憎いアイツの顔を思い出す。
あと一日でニュートンやアインシュタインにも並べる、教科書に載れるような偉人になれる本当に寸前で・・・。

「貴様、起きあがれるか?」

先に声をかけたのは白髪の男性だった。落ち着きがあり、低音のイイ声。やはり、小五郎を連想する。だが、外見は正反対だ。

「あぁ、問題ないが・・・」
「まずは起きあがってから言いたいことを言え」

相手を一気に不機嫌にさせてしまったようだ。
これ以上怒らせないために立ち上がり、相手の顔を見る。
辺りを見回すと最後に見たあの絶景が名所の崖の下。現実世界なら、自分の体があるであろう場所に自分は寝転がっていた。

「ここはどこだね?私は小五郎と話をしていたのだが?」
「まずは、ここはおそらくだが死後の世界だ。
 小五郎と話をしていたのは私は知らん。だが、ここにくるには一度死ぬことが条件だと思われる、つまり」
「つまり?」
「貴様は死んだのだ。おそらく自殺ではないのであれば小五郎に殺されたと推測するのが通常だろう」

当たっている、小五郎に殺されたこと。
そして、その話を聞くと話し相手である白髪の彼も死んでいることになる。ここは、本当に生きていた世界とは違う世界なのだろうか?
そうなら、もうきっとアインシュタインやニュートンにも並べなくなった。
もう、なにもかも終わってしまった。

「ここには死んだもの以外人は来ない。
 とりあえず、話を聞きたい。私の家に来い」

................................................

「お帰りなさい、千怜」

「お兄さまお帰りなさい、ご飯まだ作ってませんから」

でかい豪邸、本人曰く別荘だった今の本拠地の玄関を開けて迎えてくれたのは白髪青目の美女とマロン色の髪の毛エメラルドのきれいな瞳の童顔少女。顔とは合わずにとても胸がでかく少し動くだけで揺れている。

パァンッ!!!

「貴様、今怜那の胸を見ていたのだろう?
 卑猥なことを少しでも考えて見ろ、もう一度地獄を見させてやる」

どうやら、ただ者ではないという気がしてはいたがそれは本当のようだ。
殺気がものすごいのだから。

「お兄さま、お友達いたんですか?」

「その言い方だと他にも友達が居たって聞こえるわよ?
 千怜にお友達っていると思ってたの?」

拳骨の音が2つ聞こえた。
そして、
巨乳と真っ白が頭を抱えてうずくまっているのを余所に白髪は靴を脱ぎ家の奥へと入って行ってしまった。

「なにをしている、あがってこい」

私が動いていないのに気がついたのか、声をかけてくれた。が、私の目は完全に別のところに行ってしまっている。そう・・・

<うずくまっている女子達の胸の谷間>

靴を脱ぎながらうずくまっている女子の谷間を覗けないかと姿勢を低くし、低くすればするほどもっと下のほうまで見えるのではないかと邪な感情が渦巻きだした。

「どちら様でしょうか?
 事情によってはそれなりの対応をしますが?」

背後にサングラスをかけた男性とその後ろには前髪パッツンの女子が居た。
サングラスをかけているからなのか、それともこちらの姿勢が低いからなのか、相手がとても威圧的に見える。

「す、すまなかった。謝るから・・・」

ついつい自分のいつもの傲慢な態度を忘れざるを得なかった。
パッツンは真っ白と巨乳に声をかけて私の目の前を通り過ぎてしまった。

「すみませんね、彼女達は本当はいい子で楽しい子達なんです。ここにはどうやって?」

................................................

「そうですか、一人退場者が増えただけですか」

「ただ増えただけではない、今回コイツがここにきたのは私が大学院に居た頃同じゼミに通っていた知人に殺されてここにきたのだ。モブと一緒というわけではないぞ」

「それは失礼しました、九様」

白髪は足音もたてずに、だが、殺気は赤子にも悟れるくらいに放っている。
私は彼を丸め込めるのか?
そして、
この一家の主導権を握ることは可能なのか?

「無理だ」

こんな人間離れした白髪に勝てる気がしない。

「デブ、とりあえず居間に来い。
 貴様が生きているときになにをして、そして、どう殺されたのかを教えてもらおうか」

あの受精卵のことなど、未練がないわけではない。
だが、
この人間に果たして言ってもいいのだろうか?
自分の手柄をまた別の人間にとられるのではないのか?
使い捨てにされるのか?

一気にあふれる疑問と恐怖とここを支配しようという支配欲が混ざりながら秋山の中に充満していく。

「あぁ、話そうか。
 私がなぜ小五郎に殺されたのかを。
 そして、大学院時代に小五郎と同じゼミに居たという君についても聞きたい、是非ともね」


カチャッ


冷たい鉄の音
辺りに響くリロード音
そして、
突きつけられる銃口

「デ、デジャブ」

「デジャブではない、ただ今の物言いは私を怒らせるには十分すぎた。
貴様の態度は人を苛つかせる才能がどうやらあるらしいな」

「九様!!そんな物騒なもの毎回生きているときに黒服さんに『間違えて暴発したりしたら危ないから持ち歩くな!!』と口酸っぱく言われていたのに、まだ持ち歩いているんですか?!! 黒服さんがこちら側にきたらすぐにまた怒ってもらいますからね!!」

目の前でサングラスがオカンに見えた。
いや、違う。
サングラスのいう『黒服』というのがオカンに聞こえるのだ。きっと、彼を制御していた重要人だったのだろう。

「お兄さま!!どうしましょう!!また真子さんが料理失敗してダークマター生成しちゃいました!!」

「なんだと?あんなものを食って見ろ、私たちがもう一度死ぬことになる」

「千怜ー!!どうしよう!!上手にアンチマター作れたよー!!褒めて褒めてー!!」

真っ白が白いプレートに乗せて持ってきたものは
<黒く><焦げ臭い><食べたら寿命が縮みそうなもの>
それこそ言っていた<ダークマター>という言葉が合いそうだ。
見た瞬間に「これは食べては、口に入れてはいけない」と危険信号を発信した。脳がそう判断した。
真っ白は白髪にソレを食させようと駆け足で白髪に迫る。

そこからは、なにが怒ったかわからなかった。
ただ、一つわかったのは

真っ白が白髪に足を引っかけられて転けて、
私の口の中にダークマターが入った。
ただ、
それだけだった。

そのあとのことはなにも覚えていない。
だが、
目を覚ました時にはすでに足首にGPS内蔵の謎の機器を取り付けられていた。

「ここからまだ、地獄は続くのか・・・?」



................................................

長かったですww
とりあえずといったかんじですが、
秋山視点なんですけど、
あの人ぜんぜん僕が一読者としてせりふを読み上げたりしていたら

「コイツ、結構苛つくイイ方だな。千怜さんに一度ビビらされるだろうな~」

とか考えながら今回のはけっこうダラダラと考えました。
でも、
やっぱり書いていて楽しかったです。
秋山氏の外見的特徴を考えて適当に性格をかんがえたんですけど、スケベじゃないのかな?
とか考えながらそれをぶっこんだ話でしたww

真子さんが思いの外暴れなかった一話です。
さて、
これがあと何回続くかな?
暴れない真子さんとか、僕的に逆に変な感覚がするのは気のせいだろうか?
脳内で今回は千怜さんの方がとても動いていたのでそこがとても驚きました。
秋山さんが全然動かないというか・・・
でも、
なんとか動いてくれたのは千怜さんのおかげかと思ってたりします。

また、
次回(あるのか?!!まだ続くのか?これ)は話はまた全く別かも知れませんが、九一家の僕の妄想書き殴りに変わりはないと思います。ネタが偏っていたりするかもですけど<楽しんで>をモットーにやっていこうと思います。

最後までおつきあい頂きありがとうござました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
何人来てくれたかな?
カテゴリ
最新コメント
ブログ村
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
4813位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
900位
アクセスランキングを見る>>
お友達と知り給え!!

美空のはちゃめちゃブログ

**KαkёЯA**

聖徳TAISHIの気まぐれブログ

一か八か ナントかなる! 

どうにかなるさ。

タイトル?…「ああああ日記」

思いつくままに、すらすらと。

Kidou Yuuto LOVE

さぼりろぐ

黒のノエル。

クロの部屋

earthrium

-KAMUI-疾風伝

自由奔放な私生活日記~Dear My Life~

Ψ楓-ふう-Ψ

爆心地まで徒歩五分

宮廷アリス

ーBLACK SECRETー鈴'sブログ

ガラスの鍵

にわか者のチラシ裏

★ Supaku Blog ★

ガチでブロぐる5時間前

好きなものがいっぱい

少し変わった高校生日記

とかげのしっぽ

--*人間迷宮*--
人気ブログランキング
プロフィール

ミケイラ

Author:ミケイラ
どーもです。
ミケイラです。
ミケさんでOKです。気軽に呼んで頂ければ・・・。

めっさきまぐれ自由奔放
YD(やりたいことしができない)
好きなこと・やりたいことしかやらないよ!!

イラストとかは、個人で勝手に書いてるヨ!!
特に、好きなアニメマンガばっかり!!

TCGは主に
「WIXOSS」
・ピルルク
・エルドラ
・花代3止め
・タマ4止め(天空の巫女)

「ジーククローネ」(極黒のブリュンヒルデ)
に専念。それ以外(ヴァンガード)とかはDSのダウンロードがカセットばっかり。現実ではやってない。

DMM.comのゲームだと
刀剣乱舞は備前国
艦これはタウイタウイ

最近は別の方のブログに出没。
ツイキャスにも出没。
ツイッターにも生息。

気が付いたら近所やいろいろなところを放浪してる。


ゲームやら近状報告やら感情やら何やらが入り混じってます。
FC2同好会とかもたまに身近の人間でやっているのは
「FC2」のカテゴリにて活動中!!!!

ゲームをプレイするのが好き。
最近は特にゲーム・マンガに専念。
アニメはあまりみないです。
オススメがあったらコメよろしくです。

お気軽にコメントどうぞです。

なお、このブログはリンクフリーです。
こんなブログでよければリンク・・・どうぞ。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
人気ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。