スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未完どころじゃない発掘した極黒研究所SS 小野寺対策

「チッ」

舌打ちが響きわたる。
主は九千怜。
あのポーカーフェイスが舌打ちをするとせっかくの美人が台無しだと思いもするが、それどころではないのが現状だった。

「小野寺め・・・・・・あいつ等を手なずけた程度で」

小野寺が次期所長候補であるとこは有力ではある。
理由は魔法使いが小野寺に従順であることと、研究者として上に立つものとしての心得をしていることである。
ヴァルキュリアの藤崎真子は小野寺には懐かなかったが、フリストだけは従えている。
他にはAランクやAAランクのほとんどが小野寺の名を聞くと恐れおののく。

「どういう処置をしているのか気になるな」

敵対しているわけではないが、上司である自分にまで口調や態度を改めないというのがいただけない。
これはどうにかしなければいけない。
久々に研究室から外にでて、小野寺の常時いる魔法使いと交流できる場所へと向かう。
普段は一応魔法使い達への実力行使以外もできるようにと体を鍛えてはいるが、つい先ほどまで丸一日以上もいすに座っていた後では体が思うように動かない。

「くそ、ヴァルキュリアにでも偵察に行かせるか?」

いや、今藤崎真子を封印から解くわけにもいかない。
いくら所長であろうとも個人でそこまで使用していいわけがない。

「俺自らいかないといけないか。仕方ない」

諦めて部下に挨拶されながら小野寺のいそうな場所へと九自ら赴く。
昔は自ら実験を行えたが所長となっては高千穂への報告書や魔法使い達への処罰を考えたりなどで実験どころではなかった。
まだ入りたての時の方が研究者としては幸せだったのだろうかと考えたりもした。

「あら?九所長じゃないですか。
おはようございます」

「あぁ」

あれこれ考えている間に目の前には目的の小野寺が立っていた。
白い制服に身を包んではいるが胸が無駄にでている。
ピチっとしたタイプならば胸は押しつぶされると踏んでいたのだが、胸だけは飛び出ている。変な感覚だ。

「わざわざ所長が出歩くとは、所長職は暇そうで良いですね。私に譲ってくださってかまいませんよ?ご自身の研究もきっとできるでしょうね」

嫌みなのだろうか、いやこれば嫌みだ。

「今回出歩いていることが暇だということには直結しないない。理由があるから外を歩いているんだ。
お前の方こそこんなところを歩いてどうした」

九の来た道にはこれといって小野寺が必要そうなものは無さそうだが・・・・・・
小野寺が手に持っているものが少々気になった。

「その手に持っているものは何だ?」

手には何かを入れている箱を持っていた。中身のものの色がわかるような半透明のケースだ。付け加えるなら、中の色はパッションピンクだったり青だの黄色だの緑だのの蛍光色ばかりだ。なんとも目がチカチカするものばかり。

「え、これですか?女性が喜ぶものですよ。
私はやらなければならないことがあるのでこれで失礼いたします」


軽く頭を下げ魔法使いを収容している方向へと歩いていった。
"女性が喜ぶもの"?
怜那はよく服や髪飾りだったりお菓子などを喜んでいた。
だが、そんな雰囲気はなかった。

カラカラ・・・
小野寺の歩いた後に透明の瓶が落ちていた。
きっと落としたのに本人は気が付いていないのだろう。

それにしても、
最近の女性はあんな派手なものを好むのか?
怜那も生きていればあのようなものを所望したのだろうか・・・知らなくても良さそうだが、やはり妹に好かれる兄というのは妹の喜ぶものを与えることで成り立つのかもしれない。

「しかたがない、当初の目的もあることだ・・・・・・後をつけるか」




↓↓アトガキ


うーん、お久しぶりです。
そうです、ミケイラです。
今回のは・・・ほんとに発掘しまたものです。タイトル通り。
これ、小野寺っちが出てからパっと思いついたものなんで(汗
もう中身がどうだろうと気にしない本当にノリだけで書いたものです。
こんなのを薄い本で一冊出すとか(笑
ぜったいに売れない(真面目に)
こんなの誰が読んで喜ぶんだよww
これなら普通にブログでうpしたほうがいいよ(僕の財布にも、みんなの財布にも)

と、思って
ここにうpした次第です。

はい、では!!!
( 。`- ω -´。)ノシ。
スポンサーサイト

ブリッジ

よっこらせっと!!
どっこいしょ。

おっさんのような掛け声が部屋に響く。
そして、なぜか部屋の明かりはついていない。
誰かが帰ってきた。

「ただいま、ミケ?」

いつもなら玄関まで走って抱きついてくる狗が今日はいない。
いや、いるのではあるが・・・
走ってくる気配がない。

「おかえりーぃぃい~」

引き戸が勢い良く開いたと思ったら
ブリッジで「呪怨」のかよこのマネをして走ってくる化け物がいる。
ブリッジで歩くどころか若干走っている。
この光景はもはやホラーよろしくだ。

「おかえりー、趣向を凝らして面白くお迎えしてみた!!
 ゴフゥッ!?ガハッ、ガハ・・・

ドサ、ゴツンと
胴体についで頭をぶつけた音が良く聞こえた。
頭は空っぽなのだ、いい音がしてもおかしくは

「ないから、これだからホラー系統の映画を見るなと・・・
 ヒュウガたちとどうせみたんだろ?」

ミケに盛大に蹴りを喰らわせた魔王が何か言っている。
だが、悶絶しているミケには聞こえるわけがなく・・・

「うぅ~・・・
 俺、がんばったのに~・・・」

「がんばる方向性が明らかに間違えていることを
 いつになったら自覚するんだ!!」

場所を移動して、リビングにて

「で?何であんなことしたんだ?」

問い詰めながらミケイラの腰に湿布を貼っていく。
痣ができていたわけではないが、ここ数日間痛みを訴えていたためだ。

「えぇっと・・・コレにはワケがありまして・・・
 そういえば、だいぶと前に立った状況からブリッジできるかって話があって・・・
 そんで、俺はできたんだけどそれだけじゃ面白くないから、
 ブリッジをしたまま歩いたら皆の表情が面白くって・・・」

ついやっちゃった☆
と、笑顔をするが明らかに嫌がらせだ。
むしろ、嫌がらせ以外の何者でもない。

「んでね、「呪怨」のかよこさんは走れてたよね~・・・って。
 ちょびっとだけど、走れた♪」

こんなもの、もう二度とゴメンだ。
ホラーものは人外だからできる。
フィクションなんだ。
何故、コイツは実行した?
むしろ、実行して喜んでいる?

ミケの思考を理解するのには
苦労が絶えないと、考えることを藍染は放棄した。

花音と料理

「豆腐にチョコかけたから食べてみて!!」
突飛押しもないセリフ
そして、その手には
皿の上に豆腐がのせてあり、豆腐にこれでもかというほど
「チョコレートシロップぅ~☆」

ゴフォ!!
鳩尾に一発、惣右介の膝蹴りが命中
そして、ミケにとっての大爆笑の一言があった・・・


――― 次の日 ―――

花音 0002
花音 0001

↑の画像みたいな感じの雰囲気の花音
母性があります。
っつーか、俺の保護者みたいなもんだ。

「おはよー、チョコブラウニーどうだった?」

「ド突かれた」

!!?
普通の一般人が聞けば驚くであろう、
だが、花音は俺の扱いには慣れていた。

「ちゃんと作った?」

「いんや、豆腐にチョコかけて~・・・そうすけに渡しに行ったらド突かれて・・・」

『豆腐に謝れ!!』

とミケの笑いのツボにヒット・・・
それ以降、豆腐がからむと思い出して笑ってしまう。

「もぉー、ちゃんと作ってって言ったし・・・
 豆腐は作る時に使うからそのままチョコは使わないって!!」

「できるかもしれないと思った!!
 っつーか、うまかった!!」

ん?疑問がふと浮かぶ。

「食べたの?」

うん、と首を縦に元気に振り
笑顔を見せる。

「豆腐がもったいないって言ったから、
 ちゃぁ~んと食べたんだ☆」

ダメだ、この子。
アホの子だった。
思い出した。


花音は、保護者兼見張り
頼れるみんなのお姉さん。
頭がすごくいいよ!!
でも、
黒密やら、ミケやらのせいで常に困らされてるよ☆

次回は、黒密の絵をUPします☆
花音はこれからもFC2のジャンルにて参加します☆
よろしくネ、花音ちゃん☆

痛い ~ ドラマ鑑賞会 ~

ヒュウガ視点で今回は話をするヨ♪

テレビでサスペンスものを見ていたんだ。
お兄さんとアヤたんとミケたんと俺の4人で。
で、普段テレビをあんまりミケたんは見なくってせっかくだし皆で見ようってなって・・・

今回は「ホステスの女の人が殺される」
って話で、ホステスの女の人は自分で死にたくて死んじゃったんだ。
でも、そのときにナイフを自分の腹部にあてがって

刺さりに行ったその瞬間

「絶対あれは痛いぃ~!!
ヴァーー!!イダァ~ィ!!」


お兄さんの隣で座ってたミケたんが呻きだしてお腹擦って
急に本当に本物のナイフで刺されたかのように
うめきだした。

「ミケ、何か拾い食いでもしたのかい?」

「それはいつものことだろう、後頭部を打ったときの後遺症だ。」

他の2人って結構ミケたんの扱い雑くなってきたね・・・本当に。

「だって、だって!!想像してよ!!

・アンティーク物のナイフ
=切れ味がいいのかわからない。むしろ、
切れ味最悪そう。

・女は痛みに強い
(男が出産を体験したら死ぬのに、女はそれに耐えられるくらい強い)
=なかなか気絶できない。
痛いし、失神できないし失血死するまで時間がかかりそう。

・ナイフを刺した後に失血しやすいようにナイフを抜かなかった
=地味にしか血が出なさそう
それゆえに、地面(今回は床)に倒れたときにナイフが
もう一度変に抉るようにどっかに刺さりそうで絶対に痛い。

って考えてみろよぉ!!」

大人2人は放置に入りました。
俺っていっつも困るんだよね、
アヤたんもお兄さんも放っとけって言ってくれるんだけど・・・
演技以上に本当に刺されたことがあるのじゃないかってほどに

痛そう

「あっ!!
足つった、左足つった!!
でも、腹痛い!!」

あ、つった痛みは俺もわかるよ☆
でも、何でこんなに痛がるんだろ?

「ミケたん、足つってるとこゴメンね☆
さっきから見てるとすっごい刺された経験あります!!っみたいな
印象があるんだけど、ないよね?」

「刺されてたまるかぁ!!ほれ、見てみろ俺の腹を!!」

うっわぁ、お腹をさらけ出してくれるのはいいけど
お兄さん(惣右介さん)が右手で殴る準備してるよ☆

「いっだぁ、そーすけ。」

あ、案の定殴られた。

「まったく、コレだからミケとはサスペンスは見たくないんだ。
特に、日本のは感情移入がしやすいだのなんだので
洋画とホラーにスプラッタしか見れないからな。」

「全くだ。
 ヒュウガ、次回からはミケイラなしで推理ものを見るぞ。
金輪際、ミケイラを誘うな。」

うん、よくわかったよ。
ミケたん、そこでのびてるし・・・
ゴメンね、ミケたん♪


(コレだから、見たくないって以前にもあったの?)
(そーすけと、一度だけ。)
(刺された経験は?)
(・・・ノーコメント)

!!?ノーコメント!!?

試験 ~マークシート篇~

学生というのは勉強が本文
バイトなどにも精を出すものもいる
高校や大学進学のために勉強するものもいる

とりあえずは、
学校を卒業できればいいかと・・・

――――――― 試験会場 ――――

花音「どう?勉強した?」

雀狐「した?」

俺が勉強を今までにしたことがあるかって聞かれて
素直に「はい」なんて答えれるワケがない。
勉強ってヤル気があるときとない時の差が俺の中ではものすごく
激しすぎる。

筆記試験ともなれば発狂寸前だ。

「マークシートだから、いざとなれば
 6角形のシャーペンをコロコロするヨ☆
 あとは、直感を信じる!!」

花「いさとなればだよ?!」

雀「できる限り考えや?」

「あーね、わぁってる。
 わぁってるから、雀狐は俺の世界史の教科書見るんでしょ?
 貸すから、俺の勉強についてはもうヤメテぇ!!」

まぁ、学生客も多いファミレスとやらで
昼食をとった後に勉強してたんですが・・・
「ワインうまそー」
などと、メニューを見ながら思いました☆

一時間目はナシの2時間目からだったので
少し早めに会場に到着。

マークシートに個人情報を記入しました。

「0.3のシャーペンじゃ不利さね。
  こりゃきついナ☆」

試験中とか無駄にマークシートを
いかに綺麗に記入できるかなぁんてことをして遊んでました。

問題とかも見たことないのとか、
チンプンカンプンな内容だったので

ほぼ感、でした♪

―――― 家 ――――

「で?点数は取れなくて良いといったが・・・
 誰が寝ろといった?」

ただいま、夜の11時を過ぎようとしております。
そうすけの前で俺は正座中です。

「あぁー、コレにはワケがありまして・・・
 ほら、嫌なことするときって眠たくなるでしょ?
 それで、全部の問題解いたは良いものの・・・」

「見直しをせずにウトウト眠っていたのか」

そーいえば、あの時は熱っぽかったような気も・・・
でも、それ言ったら明後日のお遊びに行けなくなるし・・・

うん、コレは黙っとこう。

「明々後日に採点会あるから、
 そのときの結果見てからまた・・・じゃダメ?」

「わかった、明々後日だな。
 逃げるなよ。
  
  お休み」

こっわー(汗
やっべ、これで0点だった日にゃ・・・
大惨事じゃねぇの?!

とりあえずは、
採点会だな!!
最新記事
何人来てくれたかな?
カテゴリ
最新コメント
ブログ村
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
3789位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
632位
アクセスランキングを見る>>
お友達と知り給え!!

美空のはちゃめちゃブログ

**KαkёЯA**

聖徳TAISHIの気まぐれブログ

一か八か ナントかなる! 

どうにかなるさ。

タイトル?…「ああああ日記」

蟹国君のブログ

思いつくままに、すらすらと。

Kidou Yuuto LOVE

さぼりろぐ

黒のノエル。

クロの部屋

earthrium

-KAMUI-疾風伝

自由奔放な私生活日記~Dear My Life~

Ψ楓-ふう-Ψ

爆心地まで徒歩五分

宮廷アリス

ーBLACK SECRETー鈴'sブログ

ガラスの鍵

にわか者のチラシ裏

★ Supaku Blog ★

ガチでブロぐる5時間前

好きなものがいっぱい

少し変わった高校生日記

とかげのしっぽ

--*人間迷宮*--
人気ブログランキング
プロフィール

ミケイラ

Author:ミケイラ
どーもです。
ミケイラです。
ミケさんでOKです。気軽に呼んで頂ければ・・・。

めっさきまぐれ自由奔放
YD(やりたいことしができない)
好きなこと・やりたいことしかやらないよ!!

イラストとかは、個人で勝手に書いてるヨ!!
特に、好きなアニメマンガばっかり!!

TCGは主に
「WIXOSS」
・ピルルク
・エルドラ
・花代3止め
・タマ4止め(天空の巫女)

「ジーククローネ」(極黒のブリュンヒルデ)
に専念。それ以外(ヴァンガード)とかはDSのダウンロードがカセットばっかり。現実ではやってない。

DMM.comのゲームだと
刀剣乱舞は備前国
艦これはタウイタウイ

最近は別の方のブログに出没。
ツイキャスにも出没。
ツイッターにも生息。

気が付いたら近所やいろいろなところを放浪してる。


ゲームやら近状報告やら感情やら何やらが入り混じってます。
FC2同好会とかもたまに身近の人間でやっているのは
「FC2」のカテゴリにて活動中!!!!

ゲームをプレイするのが好き。
最近は特にゲーム・マンガに専念。
アニメはあまりみないです。
オススメがあったらコメよろしくです。

お気軽にコメントどうぞです。

なお、このブログはリンクフリーです。
こんなブログでよければリンク・・・どうぞ。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
人気ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。